ネイリストの資格を独学で取得する方法

-  |  次の5件 »

ネイリストとして働く上での自身への影響

ネイリストとして働く上での最も良い点は、お客様を綺麗にすることで、
喜びの笑顔を引き出すことができる仕事であるという点でしょう。

誰しもが持っている、美しく綺麗になりたいという願いを、
自分の技術でかなえることができるということは、何にも代え難い喜びとなります。

そして希望がかなったお客様は、こころから嬉しく思うでしょう。
もちろん、ただお客様の爪だけを見てネイルケアやネイルアートを施すだけでは、
本当の喜びを感じていただける訳ではありません。

正しい知識と技術を持って、望みを充分に聞き出して施術することが大切です。
その知識や技術は、自分が学び練習するなど努力を重ねた結果、得られるものです。

努力がお客様の満足に直結しているのです。
また、ネイリスト自身が美しくあることも大切です。

ネイルだけでなく全身の美しさに気を配れないネイリストには、
お金を払って施術してもらいたいと思う人はいないでしょう。

自分が素敵でいることで、相手を美しくすることもできることから、
自分の美意識も自然に保つことができるお仕事のひとつだといえそうです。
ネイリストの活躍分野は幅広いので、それだけ人に求められている仕事であるといえるでしょう。


↓ネイリストの講座に興味のある方はこちら※無料で資料を一括請求できます。

詳しくはこちら

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイリストとして活躍するうえでの心構え

どのような仕事にもメリットデメリットがありますが、
華やかな世界で活躍するネイリストも例外ではありません。

ネイル施術はじっくり長時間にわたるお客様とのコミュニケーションが必要となりますので、
お客様が気持ちよく施術を受けられるような話術が必要になります。

これは精神的には重労働になります。
また、お客様や同僚のスタッフは女性が多く、いろいろな方がいます。

思いもよらない苦情を受けたり、
お客様の取り合いなど女性ならではのトラブルに巻き込まれるなどして、
気持ちが疲れてしまうことなどもあります。

こころを病んでしまう人もいるかもしれません。
そして、資格を取得するまでにも少なくない費用がかかる上、
お給料も一般的には低めです。

お客様ありきのお仕事なので、予約状況や込み具合やシーズンなどによっては残業が多くなることもあります。それだけでなく、常に流行に敏感にアンテナを張り、新しい技術を勉強をし続けることが必要です。

しかし、ネイリストはお客様に美を提供してお客様を笑顔にできる仕事です。
そのときのお客様の喜びをパワーに変えてデメリットを打ち消すことが、
きっと永くネイリストとして活躍し続けられる方法となるでしょう。

↓ネイリストの講座に興味のある方はこちら※無料で資料を一括請求できます。

詳しくはこちら

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたはどんなネイリストになりたいですか?

ネイリストになるために必ず必要な免許は、実はないんです。
無資格で私はネイリストです。と言っても法律的にはなんの罰も受けません。

しかし技術も資格もない人が、お客様を受けることはできませんよね。
独立したいのであれば、技術、接客、経営の仕方を学ぶのが一番だと思います。

まずはどこかのサロンで働いてたくさんのことを学ぶのが大切なことだと思います。
サロンで働く場合、求人に書いてある条件としてJNA2級以上と書かれていることがほとんどです。

資格を取る場合は、通信講座や専門学校などに行くことになりますが、
やはりリアルタイムで授業を受け、実際目の前の人の爪を使って指導を受けながら勉強できる、
ネイル教室などが一番でしょう。

最近は通信講座でも月に何度か学校に通って先生の授業を受けられる所もあります。
仕事をしている方は自分の都合のつく時間帯で授業を受けられる点でメリットがあるでしょうね。

資料請求などをして自分に合った学び方を探してみるのも良いかもしれません。
自分のお店を持ちたいのか、サロンで働きたいのか、ホームサロンにしたいのか、
趣味の延長から、芸能人御用達のプロまで幅広く存在します。
自分がどんな形状で働きたいのかビジョンをしっかりもって始めることをオススメします。

↓ネイリストの講座に興味のある方はこちら※無料で資料を一括請求できます。

詳しくはこちら

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイリストになる方法

女性は手元が輝くと何かとやる気がでますよね。
近年だれでも一度は興味をもったことがあると思いますがネイルアート。

ネイリストさんは素敵アートを施してくれますが、実はネイリストになるために、
どうしても必要な資格はありません。

もともと免許が必要ない職業であり、
ネイリストとしてお店で働いている人、ホームサロンをやっている人の中にも、
資格をもっていない人が働いていたりします。

しかし最近は巷でたくさんのサロンを見かけるようになりネイルブームで、
サロン同士の競争率も高くなってきていると思います。

そこで質の高い知識と技術、また雇用する際の条件として「INAやJNA2級以上の方」とつけているサロンがほとんどです。

日本ではJNAがメジャーです。
ネイリストを目指したい方は、まずこの検定をうけることになると思います。

3級はマニキュアや衛生面の技術から入るので、
趣味で技術を向上されたい人も気軽に検定を受けられます。

主にネイル教室や専門学校、通信講座などがあります。2級になると難易度がグっと上がり、
受験者の3割程度しか合格できないレベルです。

実技も知識も必要ですし、早さや丁寧さも求められます。1級はさらに難易度が上がりますが、
ネイリストとして働くには、ます2級を目指すことから始めましょう。

↓ネイリストの講座に興味のある方はこちら※無料で資料を一括請求できます。

詳しくはこちら

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイリストとして成功するには

美容系の職業は、景気に関わらず安定した人気があります。
美容師や理容師の他に、最近ではネイリストの人気も高くなっています。

その理由として、開業するのに大型の機器や高級な設備等が必要なく、
開業しやすい分野であることが考えられます。

ネイルサロンで技術やコミュニケーション能力を磨き、
独立開業を目指す人が多いのもっともだと言えます。

しかし、ネイリストの給与は決して高くありません。
ネイルサロンで働きながら技術を身につける段階では時給制のことが多く、
毎月の手取りが15万円前後ということも少なくないそうです。


時給が最低賃金ぎりぎりのサロンも多いなか、苦労して技術を磨き、
開業できたとしても決して安心はできません。

というのは、ここ数年でネイルサロンの店舗数が増え、競争が激しくなっているからです。
その中で、10年、20年後、年齢を重ねてからも顧客を確保して自分のサロンを経営していけるか?という不透明な部分があります。


また、開業にかかる資金が少ないといっても、ネイル検定などの資格を網羅しようとすると、
100万円ほどの費用がかかるという試算も出ています。

開業に資格は必須ではないですが、技術や知識を証明するものですから、
信頼を得るための方法としては有効です。

成功するまでの道のりは厳しいものがありますが、
「美しさ」に対するニーズは年々高まっているため、その分可能性を秘めた分野であるとも言えます。

↓ネイリストの講座に興味のある方はこちら※無料で資料を一括請求できます。

詳しくはこちら

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の5件 »
Copyright © ネイリストの資格を独学で取得する方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます